読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんずへの道

乃木坂46についてのブログを書いていきます。推しメンは中田花奈です。

          

「乃木坂らしさとは」を考えてみた


f:id:nash96:20150922144643j:image

乃木坂46真夏の全国ツアー神宮ファイナルを思い返して

「乃木坂らしさ」とは何かを全国ツアーでファン方々に問いていましたね。

「乃木坂らしさ」彼女達の行動全てが乃木坂らしさなのは変わりはありません。
ですけどファンの方達は乃木坂46というアイドルグループに高すぎる偶像を求めている。
毎年毎年その壁をぶち壊してファンを満足させてくれている乃木坂46の皆。
彼女達の成長している姿がハッキリとライブを見ていれば分かります。
各メンバーそれぞれ目標が有り色々な考え方を持っています。
ファンにも同様に「乃木坂らしさ」は千差万別で色々な答えがあると思います。

自分の思う「乃木坂らしさ」は悪い考え方だとはおもいますが選抜メンバーばかり優遇されてアンダーメンバーの活躍する場が少なすぎる、そして選抜メンバーへ入るのは難しすぎるという認識です。
自分には各メンバーが凄い努力してアピールしてもそれでも選抜になれないそんなアイドルグループに見えます。
能力的ならあのメンバーの方が優れているとかそんな事をいつも考えてしまうあまり良くない考え方です。
選抜メンバー、アンダーメンバー、箱推し人それぞれ考え方が違います。
もちろんファンの皆は推してるメンバーが目立ってほしいと思ってるでしょう。
だからといって自分のように選抜メンバーの悪いところばかりに目がいきアンダーメンバーだけのいいところに目がいってるようではダメですね……

ですがその認識のおかげでアンダーメンバーを見る目が全然変わりました。今回は13枚目シングルからはアンダーメンバーから選抜あがるメンバーはいませんでしたけど12枚目シングルで新内眞衣が選抜に選ばれた時凄い嬉しかったです。

本当良かったねと心の底から喜びました。
こんなに物事に共感したのは初めてと言ってもいいくらいの体験でした。
きっとアンダーメンバー全員思ったんだろうなと勝手に想像してます。
他人が自分の事の様に喜んでくれる姿を見せられたらその人の事を好きになっちゃいますよね。
自分はアンダーメンバーを見てそう思ってしまいました。
皆、アンダーメンバーが誰が入っても自分の事の様に喜んでいる姿に心打たれアンダーメンバーを好きになりました。
乃木坂46の映画が放映されましたけど正直アンダーメンバー達の方がストーリーは沢山あると思うんですよね。
自分は今でも神宮で放送された映画の続きのインタビューを忘れられません。
何度見ても心打たれてしまいますし応援してしまいたくなる……
毎回選抜発表でのアンダーメンバーの姿、選抜メンバーに選ばれた時のアンダーメンバーの表情、選ばれないメンバーがどんな努力をしてきたかそんな事を想像してしまいます。

どんなに努力しても破れない壁は現実の社会には存在します。ですけどアンダーメンバーにその壁を破ってもらうことを期待してしまうそんなアイドルグループだと思っています。

アンダーメンバーの可能性は無限大です。
そして人気、不人気メンバー関係なく選抜に選ばれたメンバー全員を心の底から喜んでくれるグループそれが乃木坂46
それが自分の考える「乃木坂らしさ」です。
きっとアンダーメンバーしかあまり見えていないんでしょうね(笑)

ちょっと内容がごちゃごちゃになってしまい「乃木坂らしさ」から外れた内容になってしまっていますかもしれませんがすみません(-_-)